topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




”ギリシャ旅行記”はこちらからどうぞ♪

     ギリシャ旅行記バナー2011のコピー



“横浜お散歩日記“はこちらから。。。

     横濱お散歩日記バナー  



はじめまして…の方はこちらも是非~~~~^^

     ギリシャあれこれバナーのコピー



店長の趣味のfacebookページ♪『いいね』をお願いします♪

     i love greece bana1のコピー













にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ


ラビリンス(迷宮)の伝説…クノッソス宮殿♪…その2 - 2011.02.14 Mon


2010年10月のギリシャ旅行記、続きです。


greece-map 2010-10のコピー


クレタ島にて。

547652d5f4-2.jpg



天気が良くて気持ちいいこの日、

クノッソス宮殿の見学はまだまだ続きます^^


クノッソス宮殿について私の言葉では説明不可能^^;


で、こんな記事を見つけました♪

是非参考になさってくださいませ^^
  
  *クノッソス宮殿 Knossos Palace

  迷宮とミノタウロス伝説


  リンク先より

  『ミノタウロス伝説』人々はこの話を、約2000年以上にわたって
  ギリシア神話の世界だけのことであり、
  荒唐無稽な作り話と決めつけていた。

  しかし、この伝説がただの神話でなかったということが、
  20世紀初めの発掘で明らかになった。
  発掘したのはアーサー・エバンズという裕福な英国人であった。

  
  発掘は約35年の歳月に渡って続けられ、
  最初、小人数で始まった発掘はエスカレートの一途をたどり、
  投入された資金も当時としては巨額なものとなっていった。

  発掘されてわかったことは、宮殿の壮麗な規模もさることながら、
  その恐ろしい限りの複雑な構造にあった。


  クノッソスの宮殿は複雑な構成の3~4階建てで、
  中庭を囲むたくさんの部屋や秘密の廊下や真っ暗な回廊、
  いろいろな形をした小部屋、またそれをとりまく曲がりくねった通廊
  階段、円柱などがごちゃごちゃに構成されていて、
  一人で通り抜けられれば奇跡と思われるほどであった。

  しかも、この宮殿の地下室となると、
  まさに迷宮としかいいようがないほどの複雑な様相を呈していた。


  それらの複雑で入り組んだ地下室からは、
  2.5メートルほどの大きな陶製の油つぼが200以上も発見されている。

  また宮殿のいたる所には牛や牛の角、闘牛、と牡牛に関係する
  壁画が描かれていた。
  これは、牡牛を権力や豊饒の象徴にみなしている信仰のあったことを
  物語っている。

  エバンズはこれをギリシア神話のミノス王にちなんで
  ミノア文明と名づけた。

  それにしても、当時のミノア人はどうしてこのような
  複雑怪奇な宮殿をつくったのだろうか? 

  わずか1、2メートル平方足らずの、それも人一人入れないような
  小礼拝室が入り組むように無数につくられているのも奇妙である。

  それは何か宗教的な意味合いがあるのだろうか?
  それも、今となっては推測する以外にない。
 
  また、この宮殿の奥にある特別な礼拝室には、
  生け贄を殺すための両刃の斧が祭られていたそうである。
  この斧はラブリスと呼ばれ、優美なシンボル的存在であり
  黄金製であったと伝えられている。

  このため、地下迷宮は、後世の人々からラビリントスと
  言われるようになったのである。

  英語の迷路「ラビリンス」の語源は、ここから来ているということだ。
   


  エヴァンスは、復元に際し、各所にセメントを用いている。
  これは、類似の素材を使って復元するという
  考古学の常道に反するものであり、学会から非難があがっている。
  その他にも勝手な推論で復元し、
  今では疑問視されているところもある。
 
  エヴァンスの功績は、否定しがたいものの、
  彼が残した負の遺産も否定できない。

  ただ、エジプトやアテネなどでの他の発掘者と違って、
  彼は出土品をイギリスに持ち帰ろうとはしなかったので、
  この点は高く評価されている。





で…ここから先は写真の羅列ですいません^^;


94a98ef903-2


d754a6df8b-2


2fe4017530-2


d74d5d3559-2


4638fca10f-2


e6e2921a7c-2


9a5fc23ec7-2


aeaa683dc9-2


919e800525-2


6a8a8e76a2-2


f363d0b159-2


111bc67c55-2


887843ed77-2


53af8600cd-2


76a4b8d615-2


2d773b898d-2


d4e379dd63-2


4c2a7b3d58-2


de4087d35b-2


54255d39e7-2


e10f9d8941-2


e81c181c08-2


b5e7ccd035-2


f0e58b75cd-2


66905245ff-2


816caca658-2


5514a8d7d0-2


f1da384b82-2




の~~~んびりと…見学し…満喫しました~~♪

続きます^^



関連記事




”ギリシャ旅行記”はこちらからどうぞ♪

     ギリシャ旅行記バナー2011のコピー



“横浜お散歩日記“はこちらから。。。

     横濱お散歩日記バナー  



はじめまして…の方はこちらも是非~~~~^^

     ギリシャあれこれバナーのコピー



店長の趣味のfacebookページ♪『いいね』をお願いします♪

     i love greece bana1のコピー













にほんブログ村 旅行ブログ ギリシャ旅行へ にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ


● COMMENT ●

生け贄を殺すための両刃の斧をラブリスと呼んでいたんですか!
このラブリスがあった地下迷宮を後世の人々はラビリントスと
呼ぶようになり、
迷路、英語の「ラビリンス」の語源となった・・・
「ラビリンス」って言葉には深~~~い意味があるんですね~。
  

なるほど・・・
ラビリンス、はこのお話からきているのですね~
素晴らしい写真の数々にため息がでます^^

タイムマシーンに乗って、当時の世界を覗きに行きたくなって
きますね!

ため息が出るくらい素敵な宮殿に青い空
大きな陶製の油のデザインがこれまた素敵
中も覗いて見たい~^^

遺跡巡りするに良いお天気でしたね~
並べられたお写真に、歴史の重みを感じました。
自分の人生だけでもいろいろあったなぁ~・・・
と、振り返りますが、
人類の歴史の重みがずっしり・・・ありがとうございました~!

どういった思いや考えで迷宮を
作ったんでしょうね???
知りたいと思うから謎が余計に
神秘的に思えるんでしょうね。。。

ラビリンスという言葉は、ここから生まれたんですね~♪
神秘な場所ですね、、、
一度行ってみたいです(*^-^*)

ラビリンスは、ギリシャだったのですね。
やはり、神話などは色んな語源の発生が多いですね^^。

写真の羅列のほうが わかりやすい!
オリンピアさんの写真は言葉要らないです^^
ラビリンス…そんな語源なんですね
すごい博識!

ラビリンスは、ギリシャだったんですね!
なるほど…うんうんって、なってしまいました♪
5年以内には、ギリシャ行ってみたくなりました!

ホワイトオニオン さん!!
ミノタウロスの伝説だけかと思いきや…
ラビリンスという言葉の意味にはちゃんと
歴史的な背景もあった…ということ、ですよね。。。
やっぱり…ギリシャは奥が深いです~~~(@@;

シャンチーさん!!
ハイ…そのようです。。。
こうやって…クレタ島に行き、このクノッソスを見るまで…
知ることもなかったと思います。
ましてこうやって旅行記を書いていなかったら知らないまま。。。
いろいろと私も勉強しております~~~~^^

バスマジェ久美子さん!!
本当に…このような遺跡などを見るたびに…
そう思ってしまいます。
当時の世界を見てみたい!!と。。。
今はCGなどで再現したものなども観れますけど…
やっぱり本物を…ですよね。。。^^

とら子さん!!
そう!!そうなんですよ!!
文字数制限で書けなかったのですけど。。
この壷!!本当に大きいのです!!
こんな子大の時代から・・このような壺が作られていたんですね。。。
私もこの迷宮の中をもっと歩いてみたかったです。。。

エリザベスさん!!
本当に…歴史の重みを感じますよね…
“古代の浪漫に想いを馳せる”まさにそんな感じでしょうか。。。。
たまにはこんな旅もいいですよね。。。♪
たまには…ですけど…(笑)
やっぱり私は現代ギリシャの人々を見るほうが…
好きかも・・・なので^^
おほほ・・・

kotobuki84 さん!!
本当に謎だらけ…ですよね・・クノッソス神殿は。。。
迷宮のような宮殿…
何故作られたのか…
そんな昔に。。。
そう…だからこそ神秘的…
だからこそ…人々を魅了してやまないのでしょうね。。。
古代遺跡って…^^

ゆうさん!!
やはり…写真で見るのと実際の目で見るのとは
全く別物…なんですよね。
遺跡とかって。。。
実際に私も写真で見たイメージとはだいぶ、ちがいましたので…
是非自分の目で見てくださいね!

ふじこ さん!!
ハイ…ヨーロッパの歴史=ギリシャの歴史と言っても
過言ではないくらい。。。
まだまあ…普段使っている言葉でギリシャ語が語源のモノは
たくさんあると思います。。。
ギリシャは、いろいろと奥が深い。。。です。。。

カノア さん!!
ありがとうございます。
今回は・・これだけ写真を撮ってきたものの…
どうやって記事にするかさんざん悩み…
またいろいろと調べました^^;
でも・・こうやってブログを書くことによって
自分もいろいろ勉強になっています。
すごいことだなぁ~~と改めて実感しております。。。^^

vitaminカラー さん!!
5年以内ですか?
そうやって…具体的に考えるのはいいことですよね^^
5年と言わず…
是非ギリシャに行ってみてくださいね~~
私も早くまた行きたいです~~~~~^^

まるで映画の世界ですねw
写真の構成がステキすぎるんですけど☆☆☆
太陽もww
壺の形が微妙に、日本でもこの文化を受け継いでいるような・・・

写真の中の 建物や 置物の 至る所に 
いろんなお話しが 隠されているようで(^^)
星座にしても 神々にしても
神話 というだけでは ない 
きっと 何かがあったに違いないという気になりますよね。
ずっ~とずっ~と前の お話しなのに。
とっても素敵です。

今から4千年以上も昔にこんな高度な文明があった事に驚かされます。
そんな人類の文化的遺産にカンタンに触れる事の出来るなんて・・・
改めてこの国の懐の深さを感じてしまいます。

四皇 anaguramaster さん!!
確かに・…映画の世界ですよね。。。
このあたりの歴史的映画って…あるのかなぁ?^^;
つぼ・・日本のものも似たようなものがあるかもしれませんが…
私にはこの宮殿そのものが・・
中国のものに似ているような気がしました。
やっぱり歴史は、世界はつながっている?!?!

あんさん!!
まさに…そうなのでしょうね?!
一つ一つに…深い歴史が、そしてきっと深い意味が…
あるのでしょうね?!
やっぱり…浪漫…としか言いようがなく…^^
早くだれか…タイムマシンを作ってくないかなぁ…と^^

ですよね。。。
きっと…この国には…まだまだ…
色々とあるのではないでしょうか?
隠された歴史が・・・。
発見されていない遺跡も。。。
アテネの町は掘れば掘るだけ…色々なものが発見されて。。。
地下鉄作るのも大変・…らしいですから。
本当に…奥深い…ですよね。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://olympiayokohama.blog137.fc2.com/tb.php/1414-4fe755b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大満足のランチ♪…駐車場脇のレストランにて♪ «  | BLOG TOP |  » ラビリンス(迷宮)の伝説…クノッソス宮殿♪…その1

プロフィール

olympiayokohama

Author:olympiayokohama
"ギリシャ料理&BAR OLYMPIA”の
店長“オリンピア”です♪ ⇒続き

OLYMPIA

19d978e9c5.jpg



横浜で唯一、ギリシャ人オーナーによる本格ギリシャ料理のお店です♪


TEL;045-662-9115


banner


ギリシャ旅行記バナー2011のコピー

ギリシャあれこれバナーのコピー

横濱お散歩日記バナー

八戸旅行記バナー
 
Cafe-collection バナー2web

Anniversary card collectionのコピー

店長の趣味のfacebookページ i love greece bana1のコピー

ぐるなびページ ぐるなび背景3 2011のコピー2のコピー
                   
OLYMPIA;公式ホームページ image_home2.jpg     

インデックス

全ての記事を表示する

最新記事

カテゴリ

はじめまして♪ (8)
プロフィール (1)
リンク集 (6)
I LOVE YOKOHAMA♪ (125)
旅行記 目次 (23)
店長のギリシャ旅行記 (515)
アテネ (90)
テサロニキ (1)
パトラ (18)
イオアニナ (8)
ヴォロス (16)
ロドス島 (94)
レフカーダ島(メガニシ島) (94)
ケファロニア島 (8)
ザキントス島 (14)
ミコノス島 (18)
サントリーニ島 (0)
クレタ島 (37)
レスボス島(ミッテリィーニ島) (11)
エギナ島 (5)
エヴィア島(ハルキダ、エレトリア…) (10)
ギリシャ その他の街や島 (55)
ギリシャいろいろ思い出集 (8)
旅行記番外編(ギリシャ以外の国) (164)
フランス (40)
イタリア (23)
クロアチア (32)
オーストリア (33)
ポーランド (21)
ニューカレドニア (14)
その他の国や街 (1)
青森、八戸 (34)
その他の国内旅行 (17)
メニュー (183)
今月のディナーコース (100)
今月のおすすめメニュー (41)
ランチ (23)
お客様 (98)
取材 (42)
パソコン/インターネット (4)
飲み物/お酒 (21)
器/道具 (2)
カードいろいろ・・・♪ (6)
ひとりごと・・・ (228)
雑記(その他) (74)
お知らせ (20)
下書き (0)
未分類 (2)

最新コメント

Facebook

Twitter



リンク

このブログをリンクに追加する

姉妹店





月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。